menu

【Safecracker-40 】脳内メモリへの挑戦1

Safecracker-40

■HOW TO PLAY

  1. 16列全てで4段の和が40になるよう2〜4段目をスライドさせる

■Safecracker-40について

アメリカフロリダ州のパズル制作「Creative CRAFTHOUSE」社によるプロダクト。

半径5,5cm 高さ2cm 重さ49g

解は1つだけでいわゆるユニーク解となっている。

1911年、イギリスに元々あったアイデアを「Creative CRAFTHOUSE」社が商品化したようだ。

TOP画像の筆者が持っているものは材質がalder wood(ハンノキ材)

なのだが、現行バージョンはmaple(カエデ)cherry(サクラ)の2種の木材を組み合わせたものとなっているようでコントラストが大変美しい。

creativecrafthouse

また、数字やテキスト等は全てレーザー刻印となっておりインクのような滲みがなく可読性が良い。

♢ノッチ

ベースリングより上部のリングにはノッチ(くぼみ)がついていおり、これがあることで使用しない数字が存在することになり一層パズルの面白みが増す。

■入手方法

2021年9月現在、筆者が良く利用しているパズルオンラインショップ大手、カナダの「Puzzle Master」にあった。

Link → Safecraker 40

個人輸入に馴染みのない方には送料や関税がいくらかかるか知りたいという方もいるかと思うので、ここでは「Puzzle Master」で「Safecraker 40」を購入した時を例に送料を説明してみよう。

輸送形態追跡配達期間送料
船便×20日1,000円
少し早い船便16日1,400円
早い船便13日2,400円
航空便2日9,400円

■送料は2021年9月のレート、1カナダドル87円で計算して端数は揃えている。

もちろん多く買えば重量も箱も大きくなるので送料も上がるが、倍々となっていくわけではない。

例えば筆者は日頃欲しいものが出てきたら該当のURLをメモ帳に溜めていき10〜15個くらいになるとまとめて購入するようにしていて送料は2,000円〜2,500円ほどだ。

いつも選ぶのは追跡ありの「少し早い船便

海外からは不安があるので
いつ向こうの店をでたか?
港を出たか?

等細かくネットから確認出来るのが追跡ありの良さ。

まあ料金については日数と料金とでコスパを感じるものを選ばれると良いだろう。

ちなみに日本では送料込料金16,666円までは関税・消費税が免除となるのも買い物時に覚えておくと良いかもしれない。

越えると送料込料金の60%に対して8%の消費税がかかる。
筆者は横着者なので、60%×8%を係数4.8%=近似値5%と設定

30,000円買うと大体1,500円くらい税金がかかるな、という具合でシミュレーションしている。

いずれも参考になれば嬉しい。

■まとめ

いかがだったであろうか?

数字が好きな方には一度やってみていただきたい。
また、本パズルには「Safecracker-50」という難易度が高いバージョンもあるのでそちらも見ていただきたい。

「Safecracker-50」の記事はコチラ

筆者が主催するパズルイベントにはほぼ持っていっているパズルで、機会があれば是非手に取って遊んでみていただきたいパズルだ。

【Super Box】配色の謎

【Safecracker-50 】脳内メモリへの挑戦2

関連記事

  1. 【Hexagon 10 in solved ba…

    Hexagon 10 in solved base目次HO…

  2. 【Long Box】

    Long Box目次HOW TO PLAYLong Box…

  3. 【ひっかけ箱】違う、そうじゃない

    ひっかけ箱目次HOW TO PLAYひっかけ箱について入手…

  4. 【Safecracker-50 】脳内メモリへの…

    Safecracker-50目次HOW TO PLAYSa…

  5. 【ジョイントパズル-モグラ】ロングセラー…

    ジョイントパズル-モグラ目次HOW TO PLAY…

  6. 【Tetrahedron】その時は一瞬で来る

    Tetrahedron目次HOW TO PLAYTetra…

  7. 【NO CONNECTION】シンプルイズベスト…

    NO CONNECTION目次HOW TO PLAYNO …

  8. 【Cuboval】意外なピース形

    Cuboval目次HOW TO PLAYCubovalにつ…


プロフィール

HAMA

主に木製パズルの紹介。たまに音楽と日常。

CATEGORY

ピックアップ記事

PAGE TOP