menu

【ジョイントパズル-モグラ】ロングセラーモデル

ジョイントパズル-モグラ

■HOW TO PLAY

  1. 枠内にピース全てを使ってモグラの通った経路を一本にする
  2. StartとGoalはどこからでも構わない

■ジョイントパズル-モグラについて

1941年創業、日本静岡の「花菱工業株式会社」によるプロダクト。

164×140×15(mm)の片手でも持てる大きさで重さは190g

筆者は古道具屋で入手してパズルのみだったが、普通にショップから購入すると

AT-Hobby

このような箱に入ってくるようで、なんともレトロで時代を感じさせるパッケージデザインが堪らない。

いったいいつからこのパズルは販売されているのだろうか?

筆者が入手した際にこのようなものがピースの下に挟まっていた。

当時は製品に回答書がついてなかったのか、「回答を教えて欲しい」という問い合わせに対しての返信がこの葉書のようで、裏面には「6」の回答例と、その他にも回答があるのでチャレンジして欲しいという旨が記載されている。

切手の消印に昭和58年1月5日とある。

おそらく1982年のクリスマスや年末用に購入したが難しすぎて葉書を出し、正月休み明けに花菱社員が対応したというところだろうか。

現在も販売されているようなので少なくとも39年発売されているロングセラー商品のようだ。

良いものは廃れないのである。

♢難易度

一見すると適当にやっていても出来てしまいそうであるが、回答を求めて一筆したためる気持ちがよく分かる。大変に難しい。
筆者が不定期に開催しているパズルイベントでも。このパズルを解答された方が皆、出来上がりを写真に収められるのが苦労の現れであろう。

■入手方法

2021年9月現在、検索するとAT-HobbyというWebShopでの取り扱いが確認できるがこちらは現在業務休止中とのこと。

制作元、花菱工業HPから商品代1,050円+送料630円直接購入ができるようなので気になる方は下記リンクからアクセスいただきたい。

Link → 花菱工業商品購入ページ

ただ、商品代金が1,050円というのが消費税5%時代(1997年4月〜2014年3月)からページが更新されていないような気もするのでまずは問い合わせるのが良いだろう。

問い合わせてみた!

やはり筆者の予想通り1,000円+消費税ということで現在は1,100円という価格が正しいもので在庫もあるとのこと。

また、販売年は1981年(昭和56年)、解の数は全部で8つとのことだった。

■まとめ

いかがだったであろうか?

15ピースからなるモグラの一筆書き。

一見子供のおもちゃのようであるが、大人が十分に楽しめるポテンシャルを持っている。

筆者が主催するパズルイベントにはほぼ持っていっているパズルで、機会があれば是非手に取って遊んでみていただきたいパズルだ。

【Safecracker-50 】脳内メモリへの挑戦2

【箱根寄木細工 秘密箱 12回】130年の歴史

関連記事

  1. 【Hexagon 10 in solved ba…

    Hexagon 10 in solved base目次HO…

  2. 【Long Box】

    Long Box目次HOW TO PLAYLong Box…

  3. 【ひっかけ箱】違う、そうじゃない

    ひっかけ箱目次HOW TO PLAYひっかけ箱について入手…

  4. 【Safecracker-40 】脳内メモリへの…

    Safecracker-40目次HOW TO PLAYSa…

  5. 【Safecracker-50 】脳内メモリへの…

    Safecracker-50目次HOW TO PLAYSa…

  6. 【Tetrahedron】その時は一瞬で来る

    Tetrahedron目次HOW TO PLAYTetra…

  7. 【NO CONNECTION】シンプルイズベスト…

    NO CONNECTION目次HOW TO PLAYNO …

  8. 【Cuboval】意外なピース形

    Cuboval目次HOW TO PLAYCubovalにつ…


プロフィール

HAMA

主に木製パズルの紹介。たまに音楽と日常。

CATEGORY

ピックアップ記事

PAGE TOP